2006年11月02日

お別れ

頑張って食べるじょー!


本当にHPを運営してて良かったと思いました。

コメントやメールで励ましのメッセージをくださった、うさ友さん。
感謝しています!ありがとうデスぴかぴか(新しい)

こんなに素敵なお友達と巡り合えて、私ももこも幸せ者です。
本当にありがとうございます。


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


以下はずっと前に書いていたのですが
公開しようか迷って更新出来ずにいた日記です。
でも、もこタンの最後を知ってもらいたいと思ったので
公開することにしました。


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)



10月6日 午後16時15分頃


 もこタンはお月様へ行ってしまいました。
 急変してから5日目のことでした。


何が起こってこんな事になってしまったのか・・・
もともと神経に異常があったのか、それとも何らかの衝撃で
神経を痛めてしまったのか。

  結局のところ原因は分かりません。


突然引きずり出した右後ろ足。
レントゲンでは異常は見当たらず、骨折はしていませんでした。
ですが、翌日には両足が動かなくなっていました。


肝臓・腎臓の数値も最悪でした。
最初の3日間は肝臓を保護する注射もしてもらいました。


『・・・本当に厳しい状況です・・』


そう獣医さんに言われました。


真横に寝転がったままになり、
自分で体勢を変えることも出来なくなりました。
下半身は麻痺していました。

麻痺していない前足でいつも必死に顔を洗っていました。


辛かったと思います。しんどかったと思います。
でも、毎日の点滴、注射注射、強制給餌も頑張ってくれました。
あの小さい体で5日間も頑張ってくれました。


「もこ」って呼ぶと、耳をピクッとさせて
最後まで私の呼びかけに答えてもくれました。


息が止まる直前、目の前で苦しんでいるのに何も出来ず・・・
病院へ向かうタクシーの中で、もこは行ってしまいました。



もこと本当にお別れしなければならない朝。


いつも、もこが近づいたら威嚇してケージを噛むホオスケも
お別れなのを理解したのでしょうか。

ホオに、冷たくなったもこタンを近づけると
ホオは全く動かず、ただ、じっーっともこタンを見つめていました。


その日は雨がポツポツ。
もこがお月様に昇っていく時には大粒の雨が降っていました。

その日、虹が出ていた・・って後で聞いて、
きっと、もこはその虹を渡ってお月様に行ったんだな・・・

なんて一瞬思いましたが、おバカちゃんだったから虹を渡ったけど
すぐにこちらに引き返してきてるかもしれませんね顔(イヒヒ)


ガサツでマイペースで族が道を行くウサギでしたが
本当に可愛い子でした。

淋しくて、淋しくて仕方がないです。


ウサ友さん&うさちゃんへ。

もこタンと仲良くしてくれて本当にありがとうウサギ
少し遠い所に行ってしまったけど、
ずっと仲良しでいてやってくださいかわいい

注射も頑張ったよ。




ニックネーム ホオスケまま。 at 00:00| Comment(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする